日焼けを絶対にしたくない人の4つの「日焼け対策」ポイント

外出は大好きだけど、日差しが強くてさけてしまっている・・・って

人いると思います。私がそうですから(笑)

熱中症も怖いけど、女性にとって日焼けはお肌の老化の要因になる

最大の敵です。

日焼け止めが必須なのはあたりまえなのですが、

プラスアルファの知識が必要なのをご存知ですか?

日焼け止めを完璧に塗っても無意味になってしまって

いたらショックですよね?

そこで今回は、日焼けを最小限にするポイントを

ご紹介したいと思います。
日差し

スポンサーリンク

日焼け止めの耐水時間を確認しましょう

最近よく目にするウォータープルーフ。

汗をかいても流れ落ちにくい気がしますよね。

たしかにウォータープルーフでないものよりは

汗や皮脂で落ちづらいのですが、海やプールで

水に入る場合は、日焼け止めにどのくらい耐水性が

あるかが重要なポイントになります。

耐水性があるかどうかは、日焼け止めの裏面に

記載されていることが多いので、確認してみてください。

耐水時間の記載がない場合は、耐水テストをしていない

可能性があるので、水につかる場合はおすすめではないです。
水遊び

日焼け止めは2度塗り、こまめに塗るのは必須

日焼け止めを1度しか塗っていない場合と、2度塗りした場合とでは、

メラニン量の変化の差が5倍以上でてきます。

長時間外出する場合は、日焼け止めは2度塗りし、

こまめに塗り直すのは必ずしてください。

塗るのを忘れがちな場所は首の後ろと足の甲です。

日差しがあたりやすい場所なので注意してくださいね。

日焼け止めについてはコチラの記事も参考していただければと思います。

後姿

はおるカーディガンは「黒色」がおすすめ

ん?白がいいんじゃない?と思った人がいると思います。

実は白などの淡い色は紫外線を通してしまいます。

また、レースなどは当然その隙間から紫外線を

通してしまうので、色は黒でシンプルなものが

いいでしょう。

最近では、UV防止効果のあるものも数多く出回っているので

カーディガンでさらに日焼けをしないよう防御しましょう。

日焼けしにくい肌作りをしていきましょう

乾燥した肌は、バリア機能が弱くキメが乱れていて、

紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

バリア機能も強化してくれる化粧品

などで日焼けしにくい肌作りをしておきましょう。

このブログは、下記のランキングに参加しています
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もこ より:

    日焼け止めの二度塗りってなかなか実行できていません。
    塗ったという安心感に頼りっぱなしです。反省・・・。
    外出する際にも持ち歩くようにします!^^

    • ぽめあ より:

      もこさん、こんばんは。コメントありがとうございます^^
      こまめに塗るのはめんどくさいんですが、これで10年後も
      きれいでいられるなら必須ですよね。
      これからもよろしくお願いします♪