年齢の出る手の正しいハンドケア

顔のお手入れは念入りなのに忘れがちな手のお手入れ。実は一番年齢がでやすい場所。若々しくて美しい手を保つ秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク

顔よりも重要な手のお手入れ

年齢とともに老化して、一番目立つのは顔だと

思っていませんか?実は「手」なんです。

手の甲

顔は様々なエイジング対策の化粧品はあるけど、

手のエイジング化粧品なんてありませんよね。

しかも、顔よりも女性は炊事で酷使する機会が

圧倒的に多いです。ということは老化をするのも

早いんです。隠すこともなかなかできません。

顔は老化対策していてきれいでも、

手がシワシワじゃ台無しです。

簡単にできるハンドケアもあるので今日から

始めてみませんか?

手の乾燥対策は顔と同じように時々でOK

まず、手のパックをしてみましょう。

方法は、安い保湿力のある化粧水やローションで大丈夫。

家にあるものでパックをすることもできます。

まず、手の甲にティッシュをのせて化粧水を

たくさんかけます。ティッシュは、あらかじめ半分を

5つに切っておくといいですよ。

そして、100円均一などで売っている

ビニールの手袋をしてその状態で10分おくだけです。

ハンドパック

ビニール手袋はなくても十分潤います。

また、食器を洗うときなにクリームをつけて

ゴム手袋をすれば、お湯での洗いもの時には

天然パックに早変わりします。

ユースキンのハンドクリームはちょっとくさいけど

オススメですよ。

ユースキンハンドクリーム

ささくれ対策は、オイルマッサージでケアを

乾燥した手の場合、いつのまにかささくれが

できてしまうケースが多いようです。

予防としては、オイルでのお手入れです。

おすすめのオイルは敏感肌でも使えるホホバオイル。

これに1:1:でハチミツをまぜてパックします。

これは効果テキメンで、手荒れがあっという間に

治りますよ。ぜひやってみてくださいね。

※オススメのホホバオイルは、やっぱり

オーガニックのホホバオイルです。

【ナチュラルオーケストラ】の高品質オーガニックホホバオイル

意外なものが手荒れの原因となっているかも

最近はノンシリコンのものが多くなりましたが、

それでもまだ、シャンプーやリンスなどには

石油系の界面活性剤が入っているものがあり、

手には刺激が強くなります。

これにより、手が荒れてしまう原因になっている

ことも。思い当たる人は、できるだけ無添加のものに

変えてみるといいかもしれませんね。

このブログは、下記のランキングに参加しています
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする