ブルーライトと美容の関係

近年、CMなどでもよく聞くようになったブルーライト。目のためにはよくないというのはご存じとは思いますが、実は美容にも悪影響をあたえているんですよ。

私も仕事がデスクワークで一日中パソコンと

向かい合っているので、かなり目を酷使しています。

目薬さしたり、ホットマスクしたりと

色々と工夫していますけど、、
まさかお肌にもよくないなんて思っていませんでした。

スポンサーリンク

ブルーライトって何?

ブルーライトとは可視光線(目に見える光)の中で

最もエネルギーが強く、波長が長い光のこ戸を言います。

こ目の角膜や水晶体を通過して網膜まで到達する光のため、

これが疲れ目の原因になるそうです。

パソコンやスマートフォンなどはLEDディスプレイです。

ブラウン管の画面に比べるとより多くのブルーライトを

発光しているそうです。

いわば、文化が発展したことにより増えた

現代病の要因になっているということですね。
ブルーライト

ブルーライトが目のクマを招く

クマにも色々種類がありますが、ブルーライトで

招くクマは“青グマ”です。

青グマは目の周りの血行不良が原因です。

血液の色が透けて見えた状態が青グマとなってしまいます。

この原因のひとつが長時間のパソコンの使用することで

首や肩が凝り固まり、血行不良を起こすことなのですが、

もうひとつがLEDディスプレイから発光されるブルーライトの

光なんです。

目には非常に強い光なので長時間浴びていると

眼精疲労をおこします。

また、ブルーライトは体内時計や概日リズムを崩すとも

言われています。パソコンのやり過ぎはよくないですよ。

私も仕事から帰ってきてもパソコンをいじっているので

要注意です。

眼精疲労の解決方法

眼精疲労

・血行不良の改善しましょう

目の周りの血行だけでなく、首や肩の血行も良くすることです。

血行を促進するためにはやはり患部を温めることが一番。

私がやっている方法は、水でぬらしたタオルを

電子レンジでチン!1分半ぐらいですかな?

2分やると熱すぎるかもしれません。

くれぐれもやけどしないように熱さを手で

確認してくださいね。

肩回しやストレッチなども有効です。

・寝る前のパソコン、スマホ使用は控えましょう

ブルーライトは脳を興奮させる効果があるんです。

寝る前に使用していると、脳が興奮しているので

眠りが浅くなったりして良眠がとれなります。

ク寝る前はなるべくブルーライトに接触しないように

しましょう。

・PC用メガネを使いましょう

最近話題になっているPC用メガネを使用することですね。

ただ、現在市場で販売されているPC用メガネは

ブルーライトを平均35~50%カットしてくれません。

以前、眼鏡やさんに調整を行ってもらった時に

聞いたんですけど、まだまだ進化していくそうです。

私は最近コンタクトレンズより眼鏡をかける方が

多くなったんですけど、ブルーライト処理されて

いないんですね。

サブ眼鏡でもう一つ作ろうと思っているので、

これはブルーライト対策の眼鏡にしようと

思っています。

このブログは、下記のランキングに参加しています
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする