化粧を完璧にする鏡の正しい見方

あなたは、一日に何回鏡を見ますか?私は朝の化粧の時と、会社の洗面で数回、
帰ってきてからメイクを落とすのと10回以内かな?
それでは、その数回を正しい鏡の使い方で見ているかというと、
全然していませんでした。
それでは、どんなふうに鏡を使えばいいのかお話していきましょう。


★できるだけ自然光の下で見る。
自分の肌色が最もわかる明かりは、自然光です。蛍光灯は肌が青みがかり、
 白熱灯は、赤みがかってしまいます。
 毎朝のメイクをするときは、できるだけ窓の近くに移動して自然光の下で
 行うようにしましょう。


★ 自然光がないときは、鏡全体を明るくする。
女優さんの控室によくある鏡には明るく照らすライトがついていますよね?
今は、一般の人向けにもメイクミラーがお手頃な価格で売られています。
明かりの入らない部屋で使えるのでひとつ持っておくといいですよ。


★ 照明は、真上から左右対称に照らす。
間接照明の下では、顔に影がでてしまうので肌の状態を
正しくチェックすることができないのです。
自然光以外の場所で鏡を見ると場合は、照明が真上ににして真ん中に立ちましょう。


自分ではきれいにメイクしたつもりでも、外でみたら色が濃くって
驚いたことありませんか?それは正しい鏡の使い方をしていなかったから。
肌のトラブルも見過ごすことにもなってしまうので
正しく使い方をマスターしてスキンケアやメイクを楽しみましょう

【PR】人気ブログランキング参加中
このブログは、下記の人気blogランキングに参加しています。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする