暑い夏が来る前に汗腺トレーニングしておきませんか?

今年の夏も節電しなくてはいけないと思うと憂鬱なぽめあです。うちの会社扇風機禁止なんです。昨年はマイ扇風機でなんどかしのいだのですが、それもだめとなると「うちわ」しかないですよね。

今年の夏が昨年のような猛暑でないことを祈るばかりです。

我が家では節電をするため、ブームとなったグリーンカーテンを

作りました。



ゴーヤと朝顔のミックスでやって、ゴーヤを食べきることができず、

後片付けもけっこう大変だったので、今年はよしずでいっか!って

ことになりました。

さて、お肌の潤いのもとってなんだと思います?

「もと」って言われるとはてさて?って考えませんか?

それは、「良質な皮脂膜」あります。良質な皮脂膜には、

肌を保湿してくれる大切な役割があります。

そもそもの皮脂膜は自分の肌の「汗腺」から分泌される

皮脂が作り出しています。

汗腺の働きは美肌にとってとても重要なのです。

そこで、この汗腺を鍛えて美肌になる方法について

ご紹介します。

スポンサーリンク

6月は汗腺が衰えて肌荒れしやすい

汗腺の働きは、季節によって変わります。

6月に入って、私のように肌荒れ・肌トラブルを起こしている方は

いらっしゃいませんか?

実は6月から7月にかけては気温も湿度も上がるので、

汗腺の働きが盛んになるので、1年で一番皮脂分泌が多い時期なんです。

冬の間、汗をかく機会の少なかった方の汗腺が

衰えていて、汗と皮脂分泌のバランスが崩れやすく、

ニキビができたり、肌トラブルが増えたりするんだそう。



そして、衰えた汗腺から出る汗は、老廃物を含んでおり、

ベトベトした粘り気のある悪い汗なので、良質の皮脂膜を

作ることができません。

汗腺を鍛えることで美肌になるってことなんですよ!

では、汗腺を鍛える簡単な方法とは、

毎日のお風呂で汗腺を鍛える

まず、浴槽に20cmくらい、熱めのお湯(43~44℃)を入れ、

風呂用のいすなどに座ってひざ下とひじから先だけを、

10~15分間お湯につけます。

これで手足の眠っている汗腺を目覚めさせ、

次に、同じ湯船にぬるま湯を足して36℃程度にし、

10~15分間、半身、または全身を浸します。

このとき、湯船にコップ1杯ほどのリンゴ酢か、

バスソルトを入れると、体が芯から温まるそうです。

これで、疲れを癒しながら汗腺を鍛えられます。


SAKURAKO – Don’t get mad.. / MJ/TR (´・ω・)

飲み物や食べ物に生姜oか生姜粉末を加えて汗腺を鍛える

生姜には嬉しい効果が3つあります。汗腺のためだけでなく、

日頃から取り入れてみましょう。

・殺菌効果

・消炎効果

・胃腸を整え、疲労回復効果

なお、生姜はお風呂あがりに取り入れると、さらに効果的が増します。

これから入浴後の一杯は生姜ドリンクにするといいのかも。

お風呂はできそうにないので、ぽめあはこの方法をチョイスします(^.^)


できるだけエアコンをつけないようにして、汗腺を鍛える

これは、自然に会社にいけば私はできそうなので必要ないかな?

今の時期も、ムシムシと暑く感じる日ありますよね。

でも、汗腺を鍛えるためだけでなく、夏の暑さに適応できるように

するためにあえて温度調節をしないでみてください。

でも、「どうしても」というときもあると思います。

そのときは、できるだけ冷房ではなく除湿を選ぶようにしましょう。

私の後輩はホットヨガを週1回やっていて、お肌がツルツルなので

汗腺が鍛えられて美肌を手に入れたようです。

本来の人間が持っている体の機能を使うことはとっても

大切なんですね!


【PR】人気ブログランキング参加中
このブログは、下記のランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする