洗顔が間違っていると肌荒れが加速します!

洗顔は泡立てネットで泡立ててからしてるけど、あまり得意ではないぽめあです。みなさんはどんな風に洗顔してます?

季節の変わり目って、お肌が敏感になって洗顔の時にあれ?って

感じることありませんか?

春先は特に肌が荒れてヒリヒリしたり、乾燥してカサカサしたり、

肌トラブルが起きることが多いようですね。

今は微妙な季節ですが、これから少しずつ暑くなっていくと

今度は肌表面に残った汗や皮脂、そして紫外線などが外的刺激となり、

肌の調子が敏感になります。

スキンケアの基本ステップである「洗顔」

ここで間違っていると、肌荒れや乾燥が加速することになります。

そこで、今日はこんな洗顔はダメ!というのをご紹介しますね。

スポンサーリンク

髪をまとめずに洗顔する

髪をまとめるのが面倒だったりして、つい前髪やサイドの髪が

顔にかかる状態で洗顔することってないですか?

洗いにくいから後で後悔はするんだけど、髪をまとめずに洗顔すると

生え際までしっかり洗えないばかりか、髪を濡らさないようにするから

すすぎもつい適当になっちゃう。

顔にかかる髪の毛はヘアバンドやクリップなどでまとめてから

スタートです。


汚れたままの手で洗顔

思い起こすと、私はお風呂で洗顔するんだけど、

湯船につかってから体を洗って、その後に洗顔をしているので

わざわざ手は洗ってないなぁ。

手のひらに油分や汚れが残っていると、洗顔料や石けんが泡立ちにくくなるので

あらかじめ石けんなどで手を洗っておいた方がいいそうです。



素洗いをせずいきなり泡をのせる洗顔

乾いた顔に泡をいきなりのせると肌にとっては負担になるので、

人肌程度のぬるま湯で2~3回、顔を素洗いしましょう。

十分に泡立てずに洗顔

これはとっても重要で、たっぷりの泡は汗や皮脂、ホコリなどの汚れを

しっかり包み込んで落とすのには必須。

泡立てネットでしっかりと泡を作って洗顔開始ですよ。



肌をこすって洗顔

ゴシゴシ洗いで肌を摩擦するのは厳禁! 洗顔料や石けんを十分に泡立てたら

泡を顔全体にのせ、肌の上で転がすようにして洗いましょう。優しくね。

熱いお湯ですすぐ

熱いお湯ですすぐと、肌の乾燥が加速してしまいます。

すすぎには、人肌程度のぬるま湯がベスト。

また、すすぎは洗面器にためたお湯などではなく、必ず流水で。

ぽめあはこれやってるので、今日から改めます。

タオルでゴシゴシ拭く

タオルでゴシゴシ顔を拭くと、摩擦が刺激になります。

きちんとすすいだら、タオルで肌をやさしく押さえてそっと水気を吸い取るように

しましょう。

どうですか?せっかくいい洗顔料を使っていても、正しい洗顔方法で

なければトラブルの元にもなるし、
いい洗顔料の威力もだすことができていないかもしれません。

「これ、やってる!」っていうのがあった人は、すぐにでも改めてみてくださいね!


【PR】人気ブログランキング参加中
このブログは、下記のランキングに参加しています


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする