紫外線が日本で一番強い都市は意外なところ

定番の日焼け止めをどれにしていいかいまだに迷っているぽめあです。最近って休日晴れない日が多かったですよね


でも今日はほんとにいいお天気だったので久しぶりにウォーキング
しました。
休みの日はなるべくウォーキングをするようにしていたのですが、
冬になってからめっきりとしなくなっちゃって・・・
おかげで1時間ぐらいのウォーキングなのに今日は足が痛くなっちゃって
衰えを感じました。


継続していくよう頑張ります!
でも日焼け対策を万全にしないとしみ、しわの原因となりますよね。

ところで、先日日焼け止めは1年中必要って記事を書いたけど、

1年の中で紫外線がもっとも強くなると言われているが5月~8月。

これからは特にしっかりと日焼け対策が必要となります。

それで、世界で一番紫外線の高いところは

オーストラリアっていうのは知っている人多いと思うけど、

日本で一番紫外線の強いところってどこだと思います?

…たぶん、沖縄あたりを思い浮かべる人が多いと思うけど、

ブブーーー これが以外なところなので驚いきました!




上の写真わかります?松本城です!
なんと長野県松本市なんですよ。またなんで?って思うはず。

以下の理由が考えられるんだそうです。

スポンサーリンク

標高が高い

気象庁環境気象課の担当者によると、

「標高が高い松本は、大気が薄く紫外線を通しやすいため、

同緯度の標高の低い都市よりは5-6%ほど紫外線の量が多いかもしれない。


それでも、赤道に近く、緯度が低い沖縄や九州の方が松本よりも強い。

太陽が真上にあるほど紫外線が強くなるから

とのこと。

でも、標高が高くて山が多い地域なら、松本市以外にもありますよね。

また、実際の数値は赤道に近く緯度も低い沖縄や九州のほうが

紫外線は強いのに。

じゃあ、なんで松本市のほうが紫外線が強いのでしょうか?

その理由は…

日照時間が長い

長野地方気象台の気象情報官さんは、以下のように語っています。

「日照率も関係しているのではないか。松本の日照率の高さは、

全国でもトップクラスだから」

松本市以外で日照時間の長い地域は海に面していて、

山地で日照時間が長いのは松本市だけなんですって。

標高が高いことに加え、日照時間が長いから

紫外線を長時間浴びるので紫外線が強いらしいです。

と、いうことはここでひとつ勉強になることは、

顔の中でも高い部分が日焼けをしやすい

平地で紫外線を浴びた場合、日やけしやすいのは鼻やおでこなど、

顔の中でも比較的高さが高い部位だってこと。

そういう箇所は、こまめに日焼け止めを塗り直したり、

つばの大きい帽子を被るなどして対策しなきゃだめ。



そして、紫外線が降り注ぐ屋外に長時間いると、それだけ多くの紫外線を浴びることに
なるのはわかりきっていることですね。

紫外線ケアは毎日の積み重ね。油断せずに美肌を保つようにしっかりとしましょう。

このブログは、下記のランキングに参加しています
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぽめあ より:

    萩さん、いつもお世話になっています(*^_^*)
    これからもよろしくお願いします< (_ _)>