「化粧品」と「医薬部外品」の違い

私は、「化粧品」が枝分かれして「医薬部外品」と
いうものがあると思っていたのですが、
そして、「化粧品」よりも「医薬部外品」の方が
効果があると思っていました…
実は「化粧品」と「医薬部外品」は違うものなのです。

化粧品は、「人体に対する作用が穏やかもの」という定義です。
人の身体を清潔にし、美化や容貌を変える目的、
また皮膚や毛髪の健康を保つために、身体に使うものです。
そのため、効能・効果として謳ってもいい項目が限られてきます。
例えば「お肌にうるおいを与える」「日焼けを防ぐ」など
範囲を超えた効果や効能を商品パッケージや商品説明文などに
表示することはできません。

一方、医薬部外品には、その「有効成分」の効能と効果を表示することができます。
たとえば、「ニキビ予防」「美白効果」などの表現をしてよいことになっています。
ただし、どちらも、劇的な治療効果があるかのような表現は使うことができません。
もし、化粧品、あるいは医薬部外品で「シミが消える」「しわが消える」などと
いったことがパッケージや商品説明文などに書かれていたら、薬事法違反となります。

すなわち、化粧品と医薬部外品との違いは、「有効成分の効能効果の強さ」
また、「化粧品」は清潔や美化を目的となり、
「医薬部外品」は予防が目的となるところが違います。

自分の「目的」に合うように区別して選ぶようにしましょう。

【PR】人気ブログランキング参加中
このブログは、下記の人気blogランキングに参加しています
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ