フィトケミカルでさびない体を維持しましょう

最近、芸能人やタレントさんの名前がすぐ出てこなくなったぽめあです。会社の人の名前を

すぐにでてこないことがあって、ぼけるんじゃないかって心配です。

何かやろうと思って歩き出したのに、歩いている間に

忘れちゃって、来たところを戻ると思いだすのって、

あれ、なんでしょうね?経験ありますよね?

究極は、私の会社の友達。むこうの方で、お互いに口調が強くなって

怒って話しているのがわかった。

それで、戻ってきたので「どうしたの?」って聞いたら

「聞いてよ!あのね、…あれ?なんだっけ?」って

忘れてるの!歩いている間に忘れちゃったみたい。

よくいえば悪いことはすぐ忘れることのできるタイプ?なのかな?

さて、そんな老化現象が気になり始めて、最近読んだ本をご紹介しますね。

100歳までサビない生き方 体の中からキレイになれる101の習慣」(ポプラ社)

100歳までサビない生き方 体の中からキレイになれる101の習慣

新品価格
¥998から
(2012/6/9 14:17時点)



加齢制御医学講座教授の白澤卓二先生の本。

それによると、アンチエイジングは早い方が良いそう。

特に脳は異変がわかりにくいそうで、絶対になりたくない認知症は

何十年も前から前兆があっても、そのときに予兆として分かることは

ないのだそう。

だから、今、脳のためにできることは予防=アンチエイジングなんですって。

そこで、聞いたことのなかった「フィトケミカル」という言葉。

これはとても重要な栄養素だそうなのでお伝えしますね。

スポンサーリンク

フィトケミカルは美容に不可欠な第7の栄養素

フィトケミカルとは、植物由来の栄養素。

ワインなどに含まれるポリフェノール、緑茶に含まれるカテキン、

ほかにもイソフラボン、アントシアニンなどに含まれています。




3大栄養素やビタミンやミネラルのように、不足することですぐに

影響が出ることはないですが、上手に摂取すれば大きな健康効果を発揮

するそうです。

最近では食物繊維とともに第7の栄養素と認識されつつあり、その数はなんと

1000種類以上もあるんですって。

抗酸化作用の高いものや免疫強化に有効な栄養素が多く、美容や心身の健康

に欠かせないんですよ。

フィトケミカルは放射性物質から身体を守りガンの発症リスクを抑える

最近、スマートフォンで放射能を図れるのがでたけど、

放射性物質に抵抗する身体づくりにもフィトケミカルが役立つんだそうです。

強い抗酸化力があるからです。

放射線物質は直接人間の細胞を傷つけ、活性酸素をつくりだして、

間接的にもDNAなどを傷つけてしまうんです。

フィトケミカルは抗酸化作用により、活性酸素をつくらないようにしたり、

あるいは壊してくれるそうです。

一定量被爆しても、身体が強い抗酸化能力をもっていれば、

ガンなどを発症するリスクをある程度抑えることも可能なので、

毎日積極的にとることで

  • 放射能の影響を受けにくくできるそうです
  • これはすごいですね!昨年の福島原発の事故もあり、

    日本人のみならず世界中で放射能による身体への影響が

    懸念されている今、知っていて損はない知識です。

    フィトケミカルを多く含む食べ物

    アントシアニン(ブルーベリー)、イソフラボン、緑茶カテキン、

    ゴマセサミン、βカロテン(ニンジンなど緑黄色野菜)、

    クルクミン(ウコン)、スルフォラファン(ブロッコリー)、

    リコピン(トマト)などが強い抗酸化作用があるそうです。




    特別な食べ物ではないので、今日からでも意識して

    取り入れてみてはいかがでしょうか。

    【PR】人気ブログランキング参加中
    このブログは、下記のランキングに参加しています