化粧品も消費期限があります。大掃除しましょう!

今年もあとわずか。新年を気持ちよく迎えるために大掃除をする人がいると思いますが、一緒に使っていない化粧品もかたづけましょう
季節ごとにスキンケアやメイクの方法を変えている人や、
季節限定でしか使わないもの、たとえば日焼けどめなど、
少し残っているのでもったいなくて、
次のシーズンまでとっておくことってありますよね?
私もやっています。
なにせ貧乏性なんで、どっちかというと捨てられないタイプ。


昔はよくおみやげで口紅をもらったりもしていたし、
最近多いのは、やっぱり韓国に行った人にいただく
試供品やパックかな?


化粧品は食べ物の賞味期限のように、必ずしも明記
されているわけではないので、「いつまで使っていいの?」
というのがわかりづらいですよね。


実は化粧品にもちゃんと消費期限があるのです。
そしてこの消費期限を無視して使い続けるてしまうと、
肌トラブルの原因にもなることがあります。
自分の肌を守るためにも、化粧品の消費期限の知識は
身につけておく必要があります。


液体が多いスキンケア商品はメイクのコスメよりも
消費期限が早いものが多いです。


薬事法では、「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで
3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」は
使用期限を明記することが義務付けられています。


消費期限が明記されていなければ、3年以上使って
いいのかと思いますが、おすすめはできません。
一度開封すると空気に触れて酸化するので劣化し、
肌にトラブルを招いてしまう可能性があるのです。


未使用なら大丈夫かと思いきや、
成分によっては分離や沈下してしまったり
密閉できているように見えても酸化が進むことや
高温多湿の場所で長期間保管することで
ダメージを受けている場合があるので、同じです。
購入後はできるだけ早い段階で使用するようにしましょう。
遅くとも1年以内には使い切る方が安心して使えます


「無添加」や「防腐剤フリー」と謳っている化粧品は
敏感肌向けの商品などに多く記載されていますが、
より注意が必要となります。
文字通り、劣化を防ぐ成分が入っていませんから、
使用期限がさらに短くなります。


ほとんどのスキンケア商品が一度に使う量から
使用期間は計算されています。
他の商品と同様に開封したらそのシーズンで
使い切るように心掛けるようにしましょう。


スキンケアに比べ、メイクの方が長持ちしますが、
新品時の使用感や発色などの機能をキープしておきたい場合は
期間を意識した方がベスト。
水気があるものについては、蓋をきちんとしておかないと、
硬くなって伸びが悪くなり、劣化が進む原因にもなります。

開封したら1年以内に使い切ることはスキンケアと同様です。


化粧品ブロガーをやっていると、どんどん化粧品が
あふれてきます。
トライアルに関しては、使いきっているので
問題はないのですが、現品を購入すると放置状態に
なってしまっているものがあります。
これは…妹や母、会社の人にあげてもいいですね。


古い化粧品で肌荒れなんて、きれいになれる
はずのコスメでなりたくないですよね?
引き出しなどにうもれているコスメは
この際捨ててしまった方がいいですよ(*^_^*)


PR】人気ブログランキング参加中
このブログは、下記の人気blogランキングに参加しています。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする