美容成分最先端の「プロテオグリカン」で美肌を手に入れる

ちょっと前に購入した「美的」は「10日間でつくる見せたいカラダ」ってのがメインだったんだけど、これを実行してもとてもお見せできる体にはなりそうにないぽめあです。これの1記事に注目したのがあってご紹介します。


それは「プロテオグリカン」っていう次世代美容成分の記事。

青森発」っていうのも気になった。

青森じゃなきゃいけないものなの?って。

この記事を参考にしながら自分なりに調べてみましたので

ご紹介します。

スポンサーリンク

コラーゲン、ヒアルロン酸をささえている影にかくれている成分

プロテオグリカンは、タンパク質と糖鎖(グリコサミノグリカン)が

共有結合した複合糖質の一種。

お肌のハリや弾力を保ってくれる成分として有名なのが

コラーゲンやヒアルロン酸。

実は肌の弾力を生む真皮層では、コラーゲンが肌の弾力を

ささえる大柱、ヒアルロン酸が小柱で、その隙間をささえているのが

プロテオグリカン。
また、コラーゲン、ヒアルロン酸に増えるような指令を与えたり、

細胞の増殖にも働きかける上司のような存在なのよ。

しかも、EGF様作用という機能もあって、加齢によって鈍くなって

しまった新陳代謝を促し、若くて元気な細胞が増えることでシミやシワのケアが

できちゃうっていうまさしくマルチな成分なの!。

保水力はヒアルロン酸の130%だそうよ!ひょえ~!!

プロテオグリカンは1グラム3000万円!?

以前のプロテオグリカンはウシの気管軟骨から極微量しか

抽出できなかったので、1グラムあたり3,000万円という

とても高価なものだったの。

あまりにも高価過ぎて医薬、再生医療素材や化粧品原料として

大きな期待をされていたんだけど、応用研究や実用化の障壁と

なっていたの。

弘前大学と株式会社角弘との共同研究で低コスト抽出が可能に

弘前大学と株式会社角弘との共同研究で生まれた抽出技術によって、

プロテオグリカンをより低コストで供給することを可能になったのが

最近のこと。

これは、サケの鼻軟骨を原料にすることで安全性の問題が解決!

健康医療関連分野への道がやっと拓けたんですよ。

さらなる低コスト化と高純度化を図り、応用研究を進め実用化が

いよいよ始まってるんです。

ということで、これは試すしかないと思い、さっそく

ひろさきPG」を購入して毎日飲んでます(^.^)

肌荒れしてたのが回復傾向にあるし、肌の水分量が

増えている気がする…

これ、関節の痛みも軽減してくれる作用があるので、

足の悪い母親にプレゼントしようと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


【PR】人気ブログランキング参加中
このブログは、下記のランキングに参加しています


よければ下記の過去の記事も読んでくださいね(*^_^*)